小説「PSYCHO-PASS LEGEND 執行官 狡噛慎也 理想郷の猟犬」特装版

発売日: 2015/03/21

商品の概要

──俺たちは理想郷を守る下働きの猟犬だった。

「狡噛慎也」に焦点をあてた新たな物語、キャラクタースピンオフ「PSYCHO-PASS LEGEND」書き下ろし長編ノベル第2弾「執行官 狡噛慎也 理想郷の猟犬(ユートピア・ハウンド)」の特装版が、ニトロプラスの書籍レーベル・Nitroplus Booksより発売!

筆を執るのは、TVシリーズ第1期や劇場版の共同脚本にして、本編ノベライズも手掛けた“深見真”氏。TVシリーズ第1期と現在月刊コミックガーデン(マッグガーデン刊)にて連載中の漫画「監視官 狡噛慎也」の二つの時代を跨ぐ事件と、槙島殺害後の狡噛の軌跡を辿るボーナストラック「異邦人 狡噛慎也」の二つの物語が綴られます! カバーイラストは、キャラクターデザイン“浅野恭司”氏描き下ろし。挿絵イラストは、プロダクション I.G作画×ニトロプラス彩色仕上げの描き下ろしです!
 
特装版は、特製カバー、フルカラー挿絵の特別仕様!  狡噛慎也の三つの時代の物語をぜひ、お楽しみください!!

【ご注意】
・2015年3月21日(土)、22日(日)に東京ビッグサイトにて開催されるイベント「Anime Japan 2015」にて先行販売を行います。会場特典は付属しません。
・数に限りがございますので、品切れの際はご了承ください。

ご購入はお1人様3点までとさせて頂きます。

在庫あり

価格: ¥1,188 (税込)
または

あらすじ

人間の心理状態や性格的傾向を計測した数値、通称「PSYCHO-PASS(サイコ=パス)」によって、理想の精神状態を保つためのメンタルケアが普及し、数値を指標とする最適幸福が追求できるようになった未来世界。

犯罪者は「犯罪係数」と呼ばれる数値によって事前に「潜在犯」と判別され、高い犯罪係数を持つ潜在犯でありながら犯罪捜査の実動を担う「執行官」と、模範的社会性を持つキャリアとして執行官を監視・指揮する「監視官」による組織「厚生省公安局刑事課」によって取り締まられていた。

刑事課一係所属の執行官・狡噛慎也は、新米監視官・常守朱とともに向かった現場で奇妙な死体に遭遇する。複数の引き出しに詰った、肉片や皮膚の切れ端、骨のかけらが浮かぶ真っ赤なゼリー。それは、激動の刑事人生の中でいつしか記憶の底に仕舞い込んだ不条理感とある男の名前を呼び起こすものだった──。

製品情報

商品名 小説「PSYCHO-PASS LEGEND 執行官 狡噛慎也 理想郷の猟犬」特装版
発売日 2015/03/21
メーカー Nitroplus
参考価格 ¥1,188
税抜価格 ¥1,100
作品 サイコパス
カテゴリ BOOK
サブカテゴリ 小説
備考

小説/縦B6/フルカラー挿絵/264P
(C)サイコパス製作委員会 (C)Nitroplus
[初出]AnimeJapan 2015